ダイエットステーション横浜 関内店は、2020年9月30日(水)をもちまして閉店いたしました。

BLOG

ダイエット中でもOKなお酒と飲み方

ダイエット中でもOKなお酒と飲み方

こんにちは。ダイエットステーション横浜関内店です。

 

お仕事や付き合い、元々お酒が好き…色々な場面でお酒を飲む事があるかと思います(*^^*)

お店のある関内を中心に、馬車道やみなとみらいにも、美味しいお酒をいただけるお店がたくさんあります。

また最近では、新型コロナウイルスの影響で、宅飲みやオンライン飲み会に参加される方も増えているようです。

 

適量の飲酒には次のような効果があります。(※個人差有)

食欲が増進する

血行が良くなる

ストレスが緩和される

・体や健康に良い..etc

 

お酒を選ぶ際にカロリーを気にする人も少なくありませんが、太る原因になるのはカロリーではなく、お酒に含まれる糖質です。

その糖質が高くて甘い、リキュールやカクテル・梅酒はダイエット中に最も控えたい種類ですが、ビールや日本酒などの醸造酒等も控えたいところ…。

糖質の量が多いので、一気に胃から吸収され血糖値が上がったり、糖が体内で消費されにくく太る原因になりやすいのです。

 

ダイエット中おススメのお酒

ウイスキー: 蒸留酒は糖質が低くく、太りにくい。

赤ワイン :ポリフェノールが含まれており、美容にもGOOD!

焼酎 :ウイスキーと同じ蒸留酒。(焼酎でも乙類がおすすめ)

※どうしてもビールが飲みたいなら、糖質オフのものを選択しましょう。

 

お酒のカロリーは「エンプティカロリー」と呼ばれており、ほかの食品に含まれているカロリーと違って、燃焼されやすい性質を持っています。

 

また、何も食べずお酒だけ飲むのはキケンな行為。

焼き魚やお野菜などヘルシーなもの

先ずは、焼き魚やお野菜などヘルシーなものを軽く食べておき、血糖値の急上昇を防ぎましょう!

※塩分が高いものを食べるとお酒の水分やアルコールとの相乗効果で、むくみの原因となるので要注意。(顔や下半身がむくみやすくなります)
むくみが習慣つくとセルライトにもなってしまうので、悪化する前にケアを…★

 

\お酒と同じ量の水をたっぷり飲んで、アルコールの排出をうながしましょう(^^)/
※過剰飲酒は肝臓に中性脂肪の蓄積を促してしまうので飲みすぎ要注意です!!

 

☆まとめ☆

ダイエット中でも、糖質の高いお酒を選ばないようにすれば、適度にお酒を飲む分には問題ありません。

うまくお酒と付き合いながらダイエットと両立させていきましょう(^^)/

 

→関内のエステ ダイエットステーション横浜 関内店 店舗情報

関内エステのご予約・お問い合わせはこちら

痩せる専門エステサロン ダイエットステーション横浜 関内店

※2020年9月30日(水)をもちまして閉店いたしました。

Copyright © 2020 ダイエットステーション All rights reserved.

PAGETOP